不動産売却で重要な事!売る前に知っておくべき3つのポイント

不動産売却で重要な事!売る前に知っておくべき3つのポイント

不動産売却を検討しているなら、住み替え、相続、資産整理、ローン支払い問題など何かしら理由があるはずです。どんな理由であれ共通して言えるのは必ず「高く売りたい」という考えは売主ならだれでも持っていると思います。高く売れる売り方を紹介したい所ですが、相場というものがある為、実際に相場よりも高い価格で売る事は結構難しいんです。そこで、値下げしないようにすれば、最低限、納得できる価格で売れるはずですので、どうしたら「安く売らない!」ようにできるかについて紹介します。実際に安く売ってしまっている人も多くいるので、知っておいて損はありません。

家を売る前に知っておくべき3つのポイント

「安く売らない!」

ようにする為に特に重要なポイントを3つに絞って紹介します。これまで不動産を売った事のある人の話しを聞いたりする機会があった人もいると思いますが、まず聞いた話しは忘れてください。売主、買主、不動産、仲介業者が違うのですから、条件が全く異なり、他人の成功体験・失敗体験はあまり参考にならないからです。一旦忘れて、3つのポイントを読んでもらえればと思います。

・売る期間を確保する
・仲介を依頼する不動産会社の選定が重要
・必ず複数の業者に査定してもらい比較対象を作る

売る期間を確保する

まず、売る期間をしっかりと確保してください。

家を売るには3ヶ月は必要と言われていますが、出来る限り余裕をもって期間を確保しておくことをオススメします。3ヶ月は必要というのは平均でそれくらいで売れているという事ですが、あくまで平均での話しです。すべての人が納得した価格で売却できているのか?なくなく売却することになった人も当然含まれているため、売却はできたけど当初思っていた価格よりも低い価格になった人も入っています。

売る期間を確保して欲しいのは、「いつまでに」という売却期限があると、その日までにどうにか売る必要がでてきます。もし期間が無くなった場合、売る方法として値下げするしかない状況になります。期間を確保できていれば、あせらずに売る事ができるので、売却期間を多く確保しておくことが大事です。

家が売れるまでのおおまかなスケジュールはこちらを確認→家が売れるまで何ヶ月かかる?

仲介を依頼する不動産会社の選定が重要

売る期間を確保する事は大切ですが、仲介を依頼する不動産会社選びもとても重要です。安く売らないようにするには不動産の価値を正確に判断して売ってくれる業者を選ばなければいけません。不動産会社はどこに依頼しても同じように売ってくれる訳ではありません。不動産売買業者の中にも、マンションが得意、一戸建てが得意など得意分野があります。またさらに、1Kが得意、ファミリータイプが得意な業者もあります。

そのため、自分の不動産が3LDKのマンションであるなら、家族向けのマンションが得意な不動産会社を選ぶ必要があります。マンションが得意な会社にはマンションを求める人が集まりますし、一戸建てが得意な会社には一戸建てを求める買主が集まります。

得意分野を把握した上で業者選択をした方が売れる可能性がUPするのがわかってもらえると思います。

必ず複数の業者に査定してもらい比較対象を作る

得意分野を把握して不動産会社を選ぶのにプラスして、知っておいて欲しいのが家を売る 査定についてです。多くの方がすでに不動産売却をする際には仲介会社に査定依頼する事は知っていると思いますが、重要な事は複数の不動産会社に査定依頼をする事です。

相談に行った不動産屋で査定してもらってそのまま媒介契約を結ぶケースもありますが、相談に行った不動産屋の査定額が正確か?どうかを判断する基準が売主(不動産の素人)にはありませんので、必ず比較する為に複数の不動産会社に査定してもらい、それぞれの不動産屋が考える「この家はいくらで売れる!」をしっかり把握してください。複数の会社に査定依頼すると結果はバラバラの査定額を提示されます。

最低限3社以上は査定して比較することで間違った会社に依頼する可能性を下げる事ができます。1社目の会社が2850万円、2社目が3100万円、3社目が3050万円だったとします。一番初めに相談した会社と契約していたら、損していた可能性がありますよね?

このような失敗をしないように比較対象つくりが大事なわけです。しかも不動産屋が出す査定額ですので、大体の相場価格もわかります。不動産屋に聞けば、近隣の相場も教えてくれるので、相場を踏まえて業者を選ぶ事が可能になります。

安くなる状況をつくらないようにすれば大きい失敗は減る

不動産を売る際には相場がとても重要で、買主は必ず近隣の相場を把握した上で自分の予算に合う不動産を探します。中には、無理すれば最大これくらいならと感がえている買主もいますが、基本は相場価格または、相場価格よりも下げた価格で購入できればいいなという希望があります。

売主は相場を基準とした買主を相手にしている訳ですので、もしも相場よりも高い価格で売るなら、他の物件よりも良い!この物件は逃したくない!と思ってもらえるように、他の売り出し物件には無いメリットが必要になります。相場より高くても購入したいと思えるポイントが無い限り、高く売る事は難しいと考えてください。戦略によっては高く売る事も可能ですが、難しいので、まずは、値下げして売らなくてすむ状況を作る必要があります。

期間を持つこと、所有物件と不動産会社の相性、複数の不動産会社に査定の最低限この3つはしっかりと把握した上で売却活動を開始して欲しいです。

不動産売却で重要な事!